物語の2頭の龍を倒した直後からの話などをします

主人公たちは、2頭の龍を倒し、その大地で、一段落ついた気持ちで、落着いています。メンバー内で、ぺプラムーチョのガムと、ゼフラルトムーチョのガムの交換をしようという話になります。その二人は、それぞれの、その二つのガムを、食べた事があるので、お互いに、その味を知っていて前から、交換したいという気持ちが、ありながらも、そのタイミングを、どこで言えばよいのか?という気持ちが、あったので、話は、進展せずに、保留の状態だった内容のひとつと、されています。そこで、龍達を、倒すことの出来た安心からの、仲間同士の思いやりをより高める意味を、込めてのガムの交換になります。二人して満足そうな、表情で、食べています。主人公は、言います。おれが、戦闘により、もし、命を失ってしまったら、人を思いやる気持ちも、くそもねーからと。そこで、リーダーが、お前らも、一人一人そのくらいの気持ちは、最低限持てよと、正直に言いたいとこなんですが、これからも、力を合わせて頑張りましょうと言います。俺たちは、仲間なのだからと改めて言うのですキレイモ 金額