病院で薬を貰う期間が長いことが珍しく二回続く

病院へ定期的に薬を貰いに行くのですが、
通常は4週間分の薬をもらいます。

しかし次の通院日の付近が年末年始とか連休などにぶつかると、
40日分薬をもらいます。

長い期間薬を貰えるのはいいのですが、
なぜ2週間余分にくれるのではなく、
二日短い40日分なのかと思ってます。

私が薬を貰いに行くよりも父が数日早く薬を貰いに行ったのですが、
「今週行くと40日分貰えるぞ」と言われました。

薬を40日分貰えるタイミングは年末年始とゴールデンウィークと夏休みくらいですが、
今回は春休みがあったので、
二回連続で40日分の薬を貰いに行くことになります。

40日分の薬を二回続けてもらうということは、
1回分の通院を飛ばせるということになり、
ただ薬を貰いに行くだけではなく診察もあるので、
診察代が一回分無くなるのは結構大きいです。

診察といってもほとんど何もしてないようなもので、
そんな診察でも毎回千円以上も取らてしまうので、
毎回40日分の薬をくれないかと思います。