とある老夫妻の動揺聞いてくださいー42年代オタクの長男

42年の長男が未だに定職に就いていないのです。一流私大から国立大学院進学、フランス教え専攻。のち学術振興会から学資や捜索費ももらい、フランスに3時世留学。帰省後は捜索室に、のち助教に選ばれ、将来は准手ほどきに生まれ変われるのかと思いきや、手ほどきの役職削減の結果、その道を絶たれてしまいました。一般企業への就活の結果、イングリッシュを猛教育、TOEIC850。現在は、欲給与も下げ、商いも選ばずに1時世限り就活。積み増しも削り、私ども親の助っ人もうけながら昨今わずか1件の家庭教師の所得でしのいでいらっしゃる状態です。
ぐうたらでも無く、ひたむきなクライアントですが、親の目線からみても、情報が弱々しいので、一般企業での雇用はもうこの時世では無理なのか・・・。私たちの老後も不安ですが、長男はこのままでは、厚生年金も少額、ニート保険ももらえない状況です。なんとか保険構造の整った事務所への雇用が叶いますようにと、連日、ご祖先様にお願いしている。先日、旅で行ったサンシャイン輪王寺にて、徳川家康一般400時世御遠忌記憶の基本「権現表示」を頂き、願都度を収めてまいりました。そんなふうに、今や神仏頼みになってしまいました。ヤレヤレ。
「末日はフェチか大臣か」なんて科白もむなしいだけ。救いは、昨今心身ともに健康であること。ガンバレッ!!!http://www.nenkin-kiroku.jp/

鉱物とその傾向などについて教育をしていた

鉱物などについて習得をしました。鉱物の動向は化学組成だけでなく、クリスタル作りによっても異なります。地殻を構成している大部分の鉱物のクリスタルは、4つの酸素とその中心にケイ素を含む正四面体の脈絡がその骨組みとなっています。そういう鉱物をケイ酸塩分鉱物といいます。化学組成が連続的に変化するものを固溶体といいます。石英以外の主な造岩鉱物は固溶体だ。マグマは地中の岩石がとけてできたものです。しかし、地殻・マントルともに通常は固体であり、地中の奥深いところにどこでもマグマがいるわけではありません。地中の気温は深さとともに上昇し、マントル上部でかんらん岩デキ岩石のとけ始める気温に近づきます。この付近で気温の進歩や攻撃の悪化が起こると、マントル上部のかんらん岩がとけ取り掛かりマグマが発生します。また、マントル上部に水が存在すると、かんらん岩の融雪気温が下がる結果岩石がとけ取り掛かります。知らないことを知れて良かったです。