等粒状組や斑状組などに関して勉強した

火山に関しまして研究をしました。花こう岩身体は、もとは造山帯内部の大貫入岩身体として形成されたものです。地中激しくにあった花こう岩が地表に露出しているのは、壌土の隆起にてその上の地層や岩石が侵食されたためです。岩石をつくって要る鉱物(造岩鉱物)の粒のがたいや外観、入り込み方を岩石の班といいます。マグマが地中濃い下盤という岩身体で悠々冷えると、鉱物は十分に成長することができるので、がたいの多分そろった粗粒の鉱物による火成岩ができます。これを深成岩という効く、その班を等粒状班といいます。地表にバーストした溶岩や細長い岩ドキドキでは、急冷を通じてできた詳しいクリスタルやガラスクォリティ(非クリスタルクォリティ)の物による石基の中に、大粒のクリスタル(斑晶)が見られます。このような岩石を火山岩と済む、その班を斑状班といいます。このようなことを覚えましたが、久しぶりに聞いたこともありましたが、ついに知ったこともあったので知れて良かったです。