「DVに見合うのは自らに条件あります。」と言いたい

あたいは幼稚園からDVにあっていました。小学校の6階層まで続きました。現在、振り返ると何で?DVられていたかがどうもわかります。幼稚園に入った時、時間の期間みんなの中で遊ぶことができませんでした。すると、とある1人の子にDVに合ってました。”自分ではどうして普通に遊ぶのがわからない”のです。そうこうやるうちにDVに合ってるて雰囲気でした。みんなでのDVで合っているのでなく、1クライアントに集中して合ってました。小学生1階層から3階層までaくん1クライアントに徹底してDVられました。「俺の自宅に遊びに来い。」とaくんに言われ、行ったらDVに合っていました。何故?DVに合うのか?目下何となくわかります。小学生4階層から6階層迄bくんに徹底してDVに合ってました。その時は何故?DVに合ってるかわからなかったんですが目下わかります。そして何故?bくんとそれぞれになるように苦労をしなかったのかを後悔しています。DVに見合うのは自分に問題がある事を他人が指導してくださっていた事を四六時中、現在思います。キレイモ 一括